准看護師の転職で失敗しないためのポイント

准看護師の求人転職に強い求人サイトは?

現在の職場に不満を抱いていて転職したいと考えている准看護師の方もいらっしゃるでしょう。 「いっそ給料は安くても楽な職場がいいかな‥」と思ったら大間違いです。 給料が低いから仕事が楽ということは必ずしも言えません。

「仕事は異常に忙しいのに、安月給」という職場も実際にあります。逆に「給料は高いけど、仕事はそこまでキツくない」という職場もあります。 病院も経営者の方針によって、看護師の扱いにも差がでてきます。ですから、一概に何処がいいとも言い切れませんが、診療科で選択した場合、准看護師の求人先で人気があるのは心療内科クリニックでしょう。

心療内科は内科と名称はついていても、心を病んだ患者さんのカウンセリングが主体になっています。入院施設がないので、夜勤は当然ありませんし、残業もほとんどありません。その割りに給料はいいので、人気のある求人先です。しかし、同じ診療科でも入院施設のある精神科になると大変です。排泄の手伝いを含む介助の仕事もしなければなりませんので、結構大変な業務内容になります。

また、企業内の医務室や保健室勤務も定時で退社できるし、夜勤は勿論ありませんからオススメです。また、企業の正社員扱いになるので、仕事が楽な割にはいいお給料を貰えるケースが多いです。ただ、競争率が高いのが難点です。 最近は高齢化が進み、デイサービスなどの求人も結構ありますが、経営状態が悪化しているデイサービスも少なくないので、お給料は安いと思っていた方がいいでしょう。

そして、仕事内容は看護業務以外に介護業務もさせられるケースが多いので、肉体的にもハードです。また、介護士と上手く噛み合わないこともあり、人間関係でのストレスがあるとも聞きます。 「お年寄りが好きだからお世話したい」という生半可は気持ちでは勤まらない厳しさがデイサービスにはあります。

次に注意点として挙げるなら、准看護師は求人先に制限があるということです。 いわゆる正看護師しか採用しない職場があります。 特に准看護師は募集対象外という制限は、国公立病院に多く見られます。

新卒の受け入れも正看護師のみという国立病院もあるほどですから、准看護師に対する偏見が未だに残っていることは否めません。国公立病院に就職すると公務員扱いになるので、転職先として人気はあるのですが、准看護師の場合は書類審査の段階で落とされるケースもよくあります。

また残念なことに、民間病院でさえ准看護師に対して偏見を持っている人事担当の方もいらっしゃいます。そういう考えならば、始めから「正看護師募集」という内容で求人すればいいものを、「看護師募集」と求人をかけるので、応募される准看護師の方も当然いらっしゃいます。

実際にそのような求人に応募された方が、准看護師だからという理由で断られたケースもあります。実に失礼な話です。 更に最悪なのは、採用するのは正看護師のみと決めているのに、建前上、採用しないとわかっていながら准看護師も面接するというケースです。初めから採用する気がないのなら、応募した段階で断ってもらった方が貴重な時間を無駄にせずにすむので、まだマシかもしれません。

以上が、准看護師求人を探す時の注意点ですが、准看護師も正看護師と同様の仕事をしているにもかかわらず資格の違いから偏見を持たれることがあるのは実に嘆かわしいことです。 そんな状況がいまだにある以上、個人で転職活動をする際に嫌な思いをすることがないとは言い切れません。

それだったら、看護師専門の転職支援サイトで転職活動をした方がずっといいでしょう。看護師専門の転職支援サイトには、専門コンサルタントがいますので色んな相談もできますし、良いアドバイスを授けてくれます。 また、非公開の求人情報を扱っているのもオススメする点です。

一般公募ではお目にかかれない条件の良いものは応募が殺到するのを予測して、病院や企業側が非公開求人として転職サイトに依頼していることが多いからです。一度ご利用されてみてはいかがでしょうか。

copyright 2013 准看護師の求人転職に強い求人サイトは? All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。